読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北方領土問題(千島列島)と平和条約のニュース

ロシアと日本の北方領土(千島列島)問題

ロシア連邦捜査委員会の公務員に対してバストリキン委員長が刑事事件を始まりました。2016年7月21日のニュースです。

国際
http://russianews.jp

f:id:ya_marina:20161021233712j:plain

「コメルサント」新聞によると、ロシア検事総長事務局調査委員会の会員に対して刑事事件をロシア検事総長事務局調査委員会の委員長であるバストリキンさんが始めました。

「コメルサント」という新聞によると、ロシア検事総長事務局調査委員会の高い地位の会員が賄賂を受けたとういう刑事事件をロシア検事総長事務局調査委員会の委員長であるバストリキン・アレクサンドルさんが個人的に始めました。その後ロシア連邦検察が客観的な捜査のためにFはこの刑事事件を行うべきだと決めました。Fの人がロシア検事総長事務局調査委員会で強制捜査と逮捕を行いました。ちなみにロシア検事総長事務局調査委員会はこれについてすぐではなくて、一日後コメントをしました。

2016年七月十九日に都のロシア検事総長事務局調査委員会のアルバートの部で3人の地位の高いロシア検事総長事務局調査委員会の会員が逮捕されました。一人はロシア検事総長事務局調査委員会の安全の長であるマキシメンコ・ミハイール、彼の副長である、ラモノフ・アレクサンドル、そしてモスクワのロシア検事総長事務局調査委員会の1番目の副委員長であるニカンドロフ・デニスが逮捕されました。彼らはその日にレフォルトヴォ裁判の決定で逮捕されました。Fによるとこの3人の刑事が自分に与えられている権利以上のものを行って、賄賂をマフィヤからもらったと容疑されています。

「コメルサント」が「ロスバルト」の情報を確認しています。ザハリイ・カラショフ(シャクロ・モロドイという呼び名)というマフィヤの支配者の代表者たちがニカンドロフにマフィヤの問題解決のために500万ドルを提案しました。二カンドロフ将官が2016年一月に最初の100万ドルをもらってからの行為について新聞は詳しく書きました。

2015年十二月十四日のelemensというレストランの前の事件の時に二カンドロフの手伝いが必要になりました。その時にシャクロ(マフィヤの支配者)の仲間と弁護士のグループの会員の間でレストランの前に事件が起きました。シャクロの人がレストランの持ち主からお金をもらおうとしました。法律家が持ち主を守ろうとしました。結局決闘になりました。そしてブダンツェフ弁護士が二人を銃で殺しました。

二カンドロフさんがこれについての刑事事件を体験のあるスプルネンコ・アンドレイ刑事からもらって、いくつかの部分に分けました。殺生の部分はフェヅチノフ・イーガリ刑事に渡しました。ビチコフ・アンドレイ刑事が武器を持って、いたずらをするという刑事事件の部分を渡しました。あそこにいる警察の過失についての刑事事件の部分をロシア検事総長事務局調査委員会の上の部がやりました。この部が警察官の犯罪を捜査しています。

Fによるとこの刑事事件を分けてから捜査にはいろいろな違反、手抜きばかりになりました。例えば、フェヅチノフ刑事が弁護士が銃を使う前に何度も殴られて、顎を折ってから、銃を使ったことについて法律的な評価を全然していません。他の刑事は警察官の捜査をしました。6人の警察官の間から2人だけに罰を与えました。ビチコフ刑事が将官の干渉後この刑事事件をいたずらではなくて、もっと軽い違反にしました。それによって逮捕されたシャクロの手伝い手のコチュイコフ・アンドレイ(イタリヤネツという呼び名)と彼のグループの参加者であるロマノフ・エヅアールドが解放になったはずです。でもまた警察に逮捕されました。警察がレストランの持ち主のお金の強要罪という刑事事件を捜査しました。この刑事事件についてロシア検事総長事務局調査委員会が忘れました。3つに分けてから捜査した刑事たちが次のこの刑事事件の容疑者になるかもしれません。シャクロからお金をもらわなかったので権利以上のことをやって、過失だったという被告を受けると思われます。

http://newsru.com/russia/21jul2016/kommersays.html