読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北方領土問題(千島列島)と平和条約のニュース

ロシアと日本の北方領土(千島列島)問題

ヴェドモスチ新聞:連邦保安庁はヤロヴァヤ・セットの法律を成し遂げるためにFの機械を使うことを提案しています。

法律
http://russianews.jp

プーチン大統領が国会議員であるヤロヴァヤと連邦院であるオゼロフが提案されたヤロヴァヤf:id:ya_marina:20161022000802j:plain・セットである反テロ的な法律を成し遂げるための機械探しに与えられた期間は2016年9月1日に切れています。通信会社とインターネット・プロヴァイダーがユーザの話とメッセージについてのデータを保持するためにヤロヴァヤ・セットを成し遂げるために特別な機械が必要です。でもヤロヴァヤ・セットに必要な特別な機械がロシアにおいても、全世界においても、必要な量がないと判明しました。そしてFはFが持っている盗聴用のシステムを提供できると判明しました。通信会社がこの当局が使っている機械を修正するための巨費を自分で出さないといけないと思っています。

 

「ヴェドモスチ」新聞によるとFは通信会社にすでに設定してある盗聴のためのSORM (system for operetive and investigative activities)の機械をヤロヴァヤ・セットを成し遂げるために使うことを提案しました。今はこの機械が操作されている人のために使われています。そのためにSORMのリングバッファが使われています。あそこで12時間ほどデータが保持されています。これについて「ヴェドモスチ」に二つ通信会社に近い人が説明しました。

「ヴェドモスチ」の情報源によると、Fはこのリングバッファの記憶を広くすることを提案しています。それによって反テロ法律で言われているように、この情報が6ヶ月間保持されます。ロシア産業貿易省に近い公務員がこの情報を確認しました。それに今はリングブッファにはデータを送るトラヒックだけが入っていますが、Fの提案では話も録音して、保持することを提案しています。

これは2016年8月10日のニュースです。  http://www.newsru.com/russia/10aug2016/fsbpaket.html#