読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北方領土問題(千島列島)と平和条約のニュース

ロシアと日本の北方領土(千島列島)問題

ロシアはどうして日本に千島列島(北方領土)を渡しているのか。

平和条約 千島列島
http://russianews.jp

f:id:ya_marina:20161022005039j:plain

2016年9月5日

 

ロシアはどうして日本に千島列島(北方領土)を渡しているのか。

ロシアは千島列島(北方領土)の部分を日本に引き渡すのは明らかです。モスクワは何について考えているのか、引き渡す代わりに何を求めるのか、これについて「デロヴォイ・ペテルブールグ」(マスコミの名前)の記者であるセルゲイ・グルキンが説明します。

 

金曜日にロシア大統領が北方領土問題について日本に対して妥協の可能性があると言いました。特に日本とロシアの信頼レベルがロシアと中国の信頼レベルまでいったら、これは可能になるそうです。

この妥協はどのようなものになるのか、すでに明らかです。ロシアが日本に二つ島(北方領土の半分)を引き渡します。プーチン大統領がわざわざ1956年の平和条約について思い出させました。この条約では色丹島と歯舞群島(北方領土の半分)は日本に引き渡すと言われています。(その後日本が考え直して、平和条約が結局結ばれませんでした。)最近の中国との約束について大統領がわざわざと思い出しました。その時にアムール川の係争の地域を半分にして、1、5島を中国に引き渡しました。

 

千島列島(北方領土)が私たちのものだと何度もこれについてロシアの政府が発言したという問題があります。それで千島列島(北方領土)を引き渡す前に(これはそう決めた場合)社会の意見を準備する必要になります。これは係争の千島列島(北方領土)なので、優しい日本人の気持ちを悪くしたくないということで、引き渡しましょうという情報を広めて、平和条約を結んで、千島列島(北方領土)で共同プロジェクトを始められます。みんなが千島列島(北方領土)で日本人と一緒に使うことに慣れたら、後で形式的に日本人に引き渡すことになります。

今は稀な状況です。取引対象(千島列島(北方領土))が向こう側にとってすごく価値のあるもので、クレムリンが東京から頼みの系列をすることができます。これは例えば共同プロジェクト、株式を買うこと、経済制裁に対する中立です。そしてこれは以上ではないです。

 

ウラジーミル・プーチン大統領が「私たちが領土を売っていない」と強調しました。これは千島列島(北方領土)を投資で買えるものではないということです。でもこれは解釈の問題です。同じものに対してふた通りの言い方があります。やむを得ない場合、これは商売と言ってもいいです。自発的に出迎って、一方進む場合、これは商売ではないです。

つまり北方領土問題そのような方法で解決するのではないかと思われます。それによって今の権力が土地を集めると言うイデオロギーに基づいて行動をしているのではなくて、現代の状況に応じて行動をしていると確証することができます。そして、もちろん、感情にも基づいています。千島列島(北方領土)はそんなに大事ではなくて、クリミアの方が大事です。

http://www.dp.ru/a/2016/09/04/Gosudarstvo_ne_obedneet/