読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北方領土問題(千島列島)と平和条約のニュース

ロシアと日本の北方領土(千島列島)問題

千島列島(北方領土)に住んでいる住民にとって日本に休んだ方が有利です。

北方領土 千島列島
http://russianews.jp

千島列島(北方領土)に住んでいる住民にとって日本に休んだ方が有利です。
f:id:ya_marina:20161029004223p:plain
ビザなしの人の交流のシーズンが終わりました。
2016年10月19日、ユジノサハリンスク。REGNUMのニュースです。ロシアの千島列島(北方領土)と日本のビザなしの人の交流のシーズンが終わりました。日本と千島列島(北方領土)の住人がビザなしでお互いの国に行くことができます。そしてそのためには国内パスポートを使ってもいいです。その場合ロシア人のパスポートに特別な折り込み紙を入れて、外国パスポートがそのような渡航になくてもいいです。REGNUMの記者によると、2016年に千島列島(北方領土)に802人日本人の観光客が訪れました。千島列島(北方領土)から日本にロシア人の280人が行きました。

「サハリンと千島列島」というマスコミによると、そういうビザなしの人の交流が1992年から有効です。この時から南の千島列島を日本人の2万人が訪れました。日本を千島列島の9500人がいったそうです。
今年の悪い天気によって第一目のロシアの代表団を日本が受け入れることができませんでした。今年に千島列島の住人が北海道と本州の町を訪れました。これはロシア人が一番よく訪れるところです。

日本の観光客が特に色丹島、国後島、択捉島を訪れます。2016年の年頭から千島列島に日本の医者、地震学者、歴史学者、文化の専門家、生物学者、日本語の先生の代表団が訪れました。
2016年の年頭から全部でビザなしの人の交流によって[Etopirika]という船がロシアの島に往復で38航路をしました。
千島列島(北方領土)の住民にとってはビザなしで日本に行くのが休みを過ごす唯一の方法です。ロシアの南の方に行くのが大変高いので、多くの人が、あそこにいけません。千島列島の都であるユジノサハリンスクに行くのは高いし、長くかかります。そして天気によっていつも行けるわけではないです。北海道まで船で4時間かかります。サハリンまで23時間かかります。ウラジオストックまで2−3日間かかります。それによって千島列島の住人に与えられている席の数の3倍ぐらい日本に行きたい人がいます。

千島列島(北方領土)の住人によると日本人の観客にとって、何年間の間で一番興味深いのは千島列島の自然保護区です。これは65 ヘクタールぐらいの地域です。ユニクな鳥と価値のある毛皮製作用獣皮の動物が自然に住んでいる場所です。
REGNUMニュースが他のマスコミから、日本の権力がロシアに2つの島の権利を残したいだそうです。これは色丹島と歯舞群島という2つの千島列島です。でもその後日本の外務省が日本が4つの島の代わりに2つだけを要求することについての情報を反駁しました。日本が千島列島の南の4つの島を要求しています。これは色丹島、国後島、択捉島と歯舞群島です。ロシアの態度ですが、千島列島を第二次世界大戦の結果としてもらったそうです。