読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北方領土問題(千島列島)と平和条約のニュース

ロシアと日本の北方領土(千島列島)問題

クレムリンの発言:日本との北方領土(南の千島列島)についての相談が騒ぎになってはいけません。

http://russianews.jp

f:id:ya_marina:20161102195327p:plain
クレムリンの発言:日本との北方領土(南の千島列島)についての相談が騒ぎになってはいけません。

大統領報道官が北方領土(千島列島)についての日本とのやりとりが大きな我慢が必要だと言いました。

モスクワ、2016年10月19日、REGNUMのニュースです。日本のマスコミのロシアと日本の北方領土(千島列島)についての論争の解決についての情報が「情報の注射」であると2016年10月19日に大統領報道官である、ドミトリー・ペスコフが記者に言いました。
ペスコフ大統領報道官の言葉:「「情報の注射」という言葉の方が正確です。気づいたかもしれないけど、朝「情報注射」のニュースが出てきて、夜正式に日本の政治家がこれを反駁しています。それでこれをコメントする意味がないと思います。」
彼の言葉では「北方領土の問題」について「相談が行われています。これは非常に難しくて、何か騒ぎをしてはいけないし、情報の注射をしてはいけません。」。「これはすごく丹念な作業です。そのために大きな我慢が必要です。」大統領報道官が言いました。
前に日本のマスコミである共同通信社が政府の情報の源からの情報で日本が北方領土問題(南千島列島)を柔軟に解決すると報道しました。そして具体的に言えば、北方領土をコントロールするようになる場合、日本が主権を出張しないとこのマスコミが伝えました。その後「日本経済」という日本の新聞が日本がロシアに北方領土(南千島列島)の共同の経営を提案したいと伝えました。その後日本の外務省がこの情報を否定しました。