読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北方領土問題(千島列島)と平和条約のニュース

ロシアと日本の北方領土(千島列島)問題

北方領土問題についてモスクワのカーネギ・センターのロシアの環太平洋地域のプログラムの長であるアレクサンドル・ガブエフ氏の意見です。

北方領土問題
http://russianews.jp

f:id:ya_marina:20161214055820j:plain

マスコミの意見では北方領土(千島列島)問題の解決方法がいくつかがあります。北方領土(千島列島)で経済特区を作って、あそこでロシアと日本のビジネスマンが働くようになります。モスクワのカーネギ・センターのロシアの環太平洋地域のプログラムの長であるアレクサンドル・ガブエフさんがロシアが今のところで北方領土問題を完全に解決つもりはないと言いました。

 ガブエフ氏の説明です:「この北方領土(千島列島)問題について何10年間も話し合っています。外交官が全ての可能なやり方について考えていました。ここで一つのものだけ必要です。これは政治的に解決したい気持ちです。どちらか一方がもっと大事な関心があると感じて、今じゃなきゃ、ダメと思ったら、解決しそうになります。今のプーチン大統領と日露の政治家を見ると、その時期がまだきていないと感じています。それでこの問題がまだやりとり続けているという肯定的な発言になります。そしてこれは日本にとって勝利になると思います。ロシアがその代わりにお金、プロージェクトをもらって、自分の意見を変わらないと思います。」
 
来日の時にプーチン大統領が2つの会議があって、これは東京と長門に行います。