読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北方領土問題(千島列島)と平和条約のニュース

ロシアと日本の北方領土(千島列島)問題

北方領土(千島列島)と関係している平和条約が未定の状態です。

http://russianews.jp

北方領土(千島列島)と関係している平和条約が未定の状態です。

f:id:ya_marina:20170209053729j:plain

2016年12月に安倍総理とプーチン大統領が日本に会いました。日本の側の期待が叶えたのでしょうか。

共同経済活動の範囲で正式的に80科目以上の協定が結ばれています。これは医学、産業、エネルギーの分野での協力です。そして平和条約ですが、これはまだ進んでいません。プーチン大統領がロシアが領土問題がないと強調しました。でも日本がロシアとの領土問題があると思っています。それにしても北方領土(千島列島)で共同経済活動を始まっています。

ロシアの大統領が北方領土(千島列島)で行われている活動がロシアの法律で行うと言う話がなんどもありました。そして北方領土(千島列島)で日本だけではなくて、他の国も働くことができます。日本側がこれを否定しています。例えば韓国が択捉島で魚工場を作ろうとしていますが、日本側がこれについて否定的に考えています。日本が否定的になっているうちに中国のHuaweiが海底ケーブルを作るようになりました。もし日本が自分の態度を強調しなかったら、北方領土(千島列島)のインターネットを作ることができたでしょう。もちろん、北海道からその海底ケーブルを作りやすいです。そしてアメリカのTiger machinery L.L.C.も北方領土(千島列島)のエネルギーの分野に大きな貢献をしています。集合型風力発電所を国後島で建てました。そして「メンデレエフスカヤ」地熱発電を改装しました。

ビジネスはビジネスで環太平洋地域の国が北方領土(千島列島)の経済活動にできるだけ参加しようとしています。