読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北方領土問題(千島列島)と平和条約のニュース

ロシアと日本の北方領土(千島列島)問題

北方領土(千島列島)と関係している平和条約が未定の状態です。

北方領土(千島列島)と関係している平和条約が未定の状態です。

f:id:ya_marina:20170209053729j:plain

2016年12月に安倍総理とプーチン大統領が日本に会いました。日本の側の期待が叶えたのでしょうか。

共同経済活動の範囲で正式的に80科目以上の協定が結ばれています。これは医学、産業、エネルギーの分野での協力です。そして平和条約ですが、これはまだ進んでいません。プーチン大統領がロシアが領土問題がないと強調しました。でも日本がロシアとの領土問題があると思っています。それにしても北方領土(千島列島)で共同経済活動を始まっています。

ロシアの大統領が北方領土(千島列島)で行われている活動がロシアの法律で行うと言う話がなんどもありました。そして北方領土(千島列島)で日本だけではなくて、他の国も働くことができます。日本側がこれを否定しています。例えば韓国が択捉島で魚工場を作ろうとしていますが、日本側がこれについて否定的に考えています。日本が否定的になっているうちに中国のHuaweiが海底ケーブルを作るようになりました。もし日本が自分の態度を強調しなかったら、北方領土(千島列島)のインターネットを作ることができたでしょう。もちろん、北海道からその海底ケーブルを作りやすいです。そしてアメリカのTiger machinery L.L.C.も北方領土(千島列島)のエネルギーの分野に大きな貢献をしています。集合型風力発電所を国後島で建てました。そして「メンデレエフスカヤ」地熱発電を改装しました。

ビジネスはビジネスで環太平洋地域の国が北方領土(千島列島)の経済活動にできるだけ参加しようとしています。

ロシア連邦社会院で北方領土(千島列島)の択捉島をノウアスフィアの開発地域にすることについて検討します。

sahalin.infoのニュースです。

ロシア連邦社会院で北方領土(千島列島)の択捉島をノウアスフィアの開発地域にすることについて検討します。

f:id:ya_marina:20170126033735j:plain

2月1日はロシア連邦社会院で北方領土(千島列島)の択捉島について聴問会があります。文化委員会が観光の面から北方領土の択捉島をノウアスフィアの開発地域にすることについて検討します。この提案が全ロシアの若者の教育フォラムの会員から来ています。択捉島は千島列島の中に一番大きくて、山と火山がいっぱいあります。それに池、温泉、滝があるので、きれない景色がいっぱいあります。でもこの島にはインフラストラクチャーがあんまり開発されていなくて、ホテールとか、温泉街がほとんどないです。

今は北方領土(千島列島)の問題にに対して国際的な興味があるので、これは観光の流れを広くするきっかけになっています。それでロシア連邦社会院でその地域の開発プロジェクトが合目的であると考えられています。

サハリン島と日本が北方領土(千島列島)の共同経済活動の計画を準備しています。

ユジュノサハリンスク町、2016年12月29日、リア・ノヴォスチー

北方領土(千島列島)での共同経済活動の計画を日本とサハリン島の長が準備しています。

f:id:ya_marina:20170103041841j:plain

メッセージでは「ロシア側が近いうちに具体的な計画を日本側に提案したいだそうです。その前に、水曜日に知事である、コジェミャコ氏、サハリン島の連邦員の会員である、メゼンツェフ氏とロシア外務省の副社長であるモルグロフ氏がこの提案について話し合いをしていました。」

ある提案もうすでに作られていて、適用されている案もあります。お正月から日本とロシアの間でお互いの国に行く条件が緩和されます。今はサハリン島と北海道の間で自由に行き来できることについて話し合いがあります。

日本が北方領土(千島列島)の代わりにアメリカの軍事基地を選んだ。

日本が北方領土(千島列島)の代わりにアメリカの軍事基地を選んだ。

f:id:ya_marina:20161222205711j:plain

rambler newsのニュースです。

日本が1960年に日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約を結びました。その契約でアメリカが日本の中に軍事基地を作ることができます。この契約を結ぶことこそによって日本が北方領土(千島列島)の二つの島である歯舞群島と色丹島をもらう可能性を失いました。その時に日本が軍隊を持たないようにして、今のところでアメリカが日本の安全の唯一の保証人になっています。日本にとって一番危ないのは近くに北朝鮮があることです。これからもアメリカと日本の軍隊協力が開発するので、それによって北方領土(千島列島)での協力が難しくなっています。

北方領土(千島列島)の住人が「サハリン島と北方領土(千島列島)の人物」という展覧会に誘われています。

Sakh.comのニュースです。

f:id:ya_marina:20161222041939j:plain

チェホフの本の博物館で「サハリン島と北方領土(千島列島)の人物」のテーマで展覧会が行われれています。これは北方領土(千島列島)を含めてから、サハリン郊外が大きくなってから70年間になっているということで展覧会を行うようになりました。博物館のお客さんがこの地域の研究と開発に命をかけた人物の肖像と彫刻を見られます。展覧会で色々な博物館と画家の個人的なギャラリーからの肖像と彫刻が集まっています。この展覧会は2017年2月20日まで働いています。

北方領土(千島列島)の共同経済活動と歴史において他のロシアの共同経済活動の例です。

モスクワのエコーのニュースです。

北方領土(千島列島)の共同経済活動のようなものをソ連とその後ロシアが何度も使ったことがあります。これによって柔らかい形で領土を隣の国に引き渡すことができました。

f:id:ya_marina:20161221232153j:plain

例えば1991年の時にソ連がある地域でロシアと中国の住人に共同経済活動の地域で農業をすることを許可して近くの川に漁りも許可しました。結局中国人だけこの島を使うようになって、ソ連とロシアの住人が使えなくなりました。5年間後この島が中国のものになりました。

1999年にプーチンがその時総理の地位にだったんですが、彼がこの島と周りにアムール川のところについて中国との共同経済活動の契約を結びました。その後ロシアがこの地域を中国に引き渡しました。

ブルームベルグのインタビューではこれについてプーチン大統領が次のように言いました:「私たちは何も引き渡していないです。これは問題のある領土でした。この領土について40年間の間でロシアと中国がやり取りをしていました。」

今は北方領土(千島列島)で共同経済活動の契約を同じように日本とロシアが結びました。中国と同じようになるかどうか、わからないけど、日本がこれによってあんまり失うものがなくて、一応やってみればどうですか。

北方領土(千島列島)の国後島にヒメツチグリ科(Geastraceae)の星と似ているキノコを見つけました。

クリリスキー自然保護区の社員が北方領土(千島列島)の国後島の南をチェックした時にヒメツチグリ科(Geastraceae)の星と似ているキノコを見つけました。

f:id:ya_marina:20161221062605j:plain

このキノコが面白くて、星と似ています。クリリスキー自然保護区には12月の最初の頃まだ雪が少なくて、特に森の小草原に雪が少なくて、泥がたくさんあって、この泥にある社員が落ちてしまいました。目を開けたら、ビックリさせるようなキノコを見ました。その近くにもう一つ、もう一つ、もう一つのキノコを見ました。

これはヒメツチグリ科(Geastraceae)のキノコです。この名前を翻訳すると「土の星」という意味をしています。このキノコを食べてはいけないです。でも具体的な種類をまだわからないです。種類を調べるために北方領土(千島列島)の自然保護区の社員がこのキノコをウラジオストックの生物学の大学に送りました。