読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北方領土問題(千島列島)と平和条約のニュース

ロシアと日本の北方領土(千島列島)問題

鑑定人の意見です:ロシアが北方領土(千島列島)を自分のものとして維持したいという決意を示しています。

http://russianews.jp

f:id:ya_marina:20161124062743j:plain

newsru.comのニュースです。 2015年に北方領土(千島列島)が9K330 トールというミサイルシステムで整備されていました。2016年3月にロシア国防相の長であるセルゲイ・ショイグが北方領土で2016年の終わりまでSSC-6 «Sennight»とバスチオンというミサイルシステムを置くと発言しました。そして千島列島で太平洋艦隊の軍事基地を作るという可能性について軍隊人が検討しているそうです。 2016年の夏にインタファックス(マスコミの名前)の情報で黒海艦隊、北方艦隊、太平洋艦隊にバスチオンというミサイルシステムをおきました。そして2016年に他に5つのSSC-6 «Sennight»とバスチオンを置く予定があります。そして2021年まで毎年4つミサイルシステムを置くようになります。 7月の時に太平洋艦隊の大陸軍隊が2016年に置いたバスチオンというミサイルシステムを使って北方領土で練習を行いました。そしてそのシステムは8月の時に戦闘的な上番をするようになりした。 ロシアが攻撃される危険背があるので太平洋艦隊を新しいミサイルステムで整備されました。これについて黒海艦隊の元長であるコモエドフ氏が言いました。「環太平洋地域で不安定なので領土問題もある」と彼が言いました。 北方領土(千島列島)の軍隊を強めることによってロシアが北方領土(千島列島)を自分のものとして残したいと元大使である、パノフ氏が発言しました。「12月に日露の会議があるので、日本人はあんまり気にしないと思います。日露の関係にはいい傾向が出てきましたので、誰もスキャンダルをしたくないです。でも外交チェンエルで日本人が軍隊の増大することについて必ず質問をすると思う」とパノフ氏が言いました。