読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北方領土問題(千島列島)と平和条約のニュース

ロシアと日本の北方領土(千島列島)問題

ロシア連邦捜査委員会の地位の高い公務員が逮捕されました。これからどうなりますか。バストリキンさんのロシア連邦捜査委員会の影響が少なくなりますか。マスコミの意見です。2016年7月20日のニュースです。

国際
http://russianews.jp

f:id:ya_marina:20161021233400j:plain

七月十九日にFはロシア検事総長事務局調査委員会のいくつかのオフィスで強制捜査を行いました。そして数人の地位の高いロシア検事総長事務局調査委員会の会員を逮捕されました。この日の夜に裁判はこの人たちを九月十五日まで逮捕されました。ロシアの記者たちはシロヴィキ((複数形、露: силовики́、英: Siloviki)または、シロヴィク(単数形、露: силови́к、英: Silovik)は、ロシアの政治ジャーナリズム用語で、治安・国家関係省庁の職員とその出身者をさす。)のグループの中に権力の再分配が行われていると確信しています。それにしても、いろいろな新聞が逆の意見を持っています。ある新聞がロシア検事総長事務局調査委員会の影響が弱くなると考えています。他の新聞がこの事件が何の影響がないと考えています。「メヅザ」はこのいろいろなバージョンを研究しました。

 

 

 

バージョン1。ロシア検事総長事務局調査委員会の影響が少なくなります。ロシア検事総長事務局調査委員会の委員長であるバストリキンさんが危険に陥れています。

逮捕されたロシア検事総長事務局調査委員会の会員が中心的な地位を持っていました。二カンドロフ・デニスがモスクワのロシア検事総長事務局調査委員会の副委員長でした。マキシメンコ・マキシムは内側の安全の長でした。そのレベルの会員が逮捕されたら、ロシア検事総長事務局調査委員会に必ず影響を与えるはずです。それにFの情報の源に基づいて「RBKニュース」(マスコミの名前)が次のように書いています:この二人がバストリキンの側近者でした。「ヴェドモスチ」(マスコミの名前)がバストリキンが二カンドロフに若い会員として当てにしたそうです。

 

「コメルサント」(マスコミの名前)は逮捕後モスクワのロシア検事総長事務局調査委員会の委員長であるダリマノフさんがクビになると予報しています。(彼がもう自分でやめたかもしれません)そうなったら、一緒に大きな刑事のグループがやめると思われます。そしてこの新聞によると最近ロシア検事総長事務局調査委員会では大きな要員の変化があったそうです。ロシア検事総長事務局調査委員会が始まった時の人がどんどんいなくなります。

「ロスバルト」(マスコミの名前)によると逮捕された人以外、コチュイコフの解放で二カンドロフに手伝ったモスクワの刑事たちに罰を与えるかもしれないそうです。

「ヴェドモスチ」によるとFの安全の部がこの刑事事件をやっているそうです。最近社会的な反応のある刑事事件をこのFの部がやっています。

 

バージョン2。バストリキンは安全です。ロシア検事総長事務局調査委員会は前と同じように力強い状態を保持します。

「RBKニュース」の情報の源によるとシロヴィキの間でクランの闘争が団体の間で行われているのではなくて(Fとロシア検事総長事務局調査委員会の間で闘争するのではなくて)、クランの会委員がFの中にも、ロシア検事総長事務局調査委員会の中にもいると確信しています。もしそうだとしたら、この刑事事件はバストリキンに対して直接な攻撃ではないです。他の「RBKニュース」の情報の源がこれが選挙と関係していると思っています。そしてシロヴィキの権利が社会反応の刑事事件に対して限定されていません。そしてZnak.comの情報の源もバストリキンが問題ないと伝えました。そしてロシア検事総長事務局調査委員会委員長は危険わけではなくて、Fの長であるボルトニコフさんが危険です。ボルトニコフの地位が欲しい部下がいろいろ積極的にしているそうです。

 

ロシア検事総長事務局調査委員会が安心して強制捜査と逮捕に反応がバストリキンがロシア検事総長事務局調査委員会の委員長として残ると示しています。最初からこれが「バストリキンの同意」によって行われていると言われています。それにロシア検事総長事務局調査委員会の代表であるマルキンさんは普通たくさんコメントするけど、今回はツイッターで「自己浄化」の作業をロシア検事総長事務局調査委員会がやり続けると書いただけです。

https://meduza.io/feature/2016/07/20/arestovany-vysokopostavlennye-chinovniki-sk-chto-dalshe