読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北方領土問題(千島列島)と平和条約のニュース

ロシアと日本の北方領土(千島列島)問題

ペルーのリマでプーチン氏と安倍氏が経済的なプロジェクトについて話し合いました。北方領土問題は結局どうなりますか。楽しみですね。

北方領土 千島列島
http://russianews.jp

f:id:ya_marina:20161121065736j:plain

次の新しいニュースがあります。北方領土問題が結局どうなるか、考えましょう。 リア・ノヴォスチというマスコミニュースでは:「ロシア連邦経済発展次官 であるスタニスラフ・ヴォスクレセンスキー氏が記者に次のように言いました:「おととい日本側と計画交換をしました。あそこで具体的なプロジェクトについても話がありました。日露だけではなくて、他の国々の市場で一緒に商品を生産することについて話もありました。」彼によると12月15−16日にプーチン大統領が来日し、30書類をサインする予定があります。その書類は部分的に意向の手紙です。意稿の手紙というのは知り合いになるきっかけではなくて、取引に近いものだ」とヴォスクレセンスキーが言いました。」 両国にとって北方領土(千島列島)が戦略的に大事なものです。それを急に失う場合、もらった相手の意向が良くなければ、危ないです。それで深い信頼関係を作らなければ、何もならないと思います。危機の状況もあったし、トランプ氏が大統領になってら、どうするのか、わからないし、そういう状況で北方領土の問題(平和条約)をすぐ解決しなくても、経済深い協力がお互いに利益をもたらします。ロシアにはガス、石油、他にも色々な資源があります。日本には高いレベルの技術があります。その件でいい協力ができると思います。