読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北方領土問題(千島列島)と平和条約のニュース

ロシアと日本の北方領土(千島列島)問題

ロシアが日本との会談の背景で北方領土(千島列島)でミサイルシステムを置きました。

北方領土
http://russianews.jp

f:id:ya_marina:20161123062735j:plain ロシアが日本との会談の背景で北方領土(千島列島)でミサイルシステムを置きました。 2016年11月22日です。newsru.comのマスコミからです。  北方領土と平和条約についての日露の積極的な会談の背景にロシアが北方領土(千島列島)と近い国境を強めることをやめないです。今はロシア国防省が北方領土の択捉島と国後島にSSC-6 «Sennight»とバスチオンというミサイルシステムを置きました。これは「ボエヴァヤ・ヴァフタ」という太平洋艦隊の新聞で書かれていました。

この新聞で次のように書かれています:「今は北方領土の軍隊のグループがバスチオンというミサイルシステムの練習に準備しています。」

前に北方領土(千島列島)で最新ミサイルシステムを置くことについてロシア国防省が伝言をしました。

実は2011年にロシアのマスコミで北方領土で地上発射型である「バスチオン」と輸出型である「ヤーホント」というミサイルシステムを置くことについて報道しました。 そして北方領土では9K330 トールという短距離防空ミサイル・システムを置きたいことについての情報が出てきました。そして北方領土(千島列島)でMi-28という縦列複座式攻撃ヘリコプターを師団に配置するそうです。

その後この情報をロシア連邦軍参謀総長であるニコライ・エゴーロヴィチ・マカロフが確認しました。彼によると北方領土(千島列島)では2012年〜2014年までに新しい武器が整備されるそうです。

その時に北方領土でロシアの影響が強くなることについて日本人が心配するようになりました。日本が北方領土でのロシアの活動を注視すると日本の北澤 俊美 防衛大臣が発言しました。枝野 幸男 内閣法制局長官がロシアのミサイルシステムを北方領土(千島列島)に置く予定について、これは日本の態度に反していると発言しました。

2016年5月に上級大将であるスロフキン氏がサハリンと北方領土でロシアが前にない強い防御システムを置きたいと言いました。北方領土地域と北極で軍隊の基礎構造を2020年まで開発することがロシアの防御において優先する分野だそうです。